イソフラボンを詳しく知る|大豆イソフラボン活用ガイドWEB
メインイメージ

Isoflavone Guide Web

イソフラボンを詳しく知る

大豆イソフラボンは、日本人にとって馴染みの深い「大豆」に含まれている栄養素です。
健康維持や美容に役立つことから注目を集めています。

大豆には、良質なたんぱく質と食物繊維が豊富に含有されていますが、それ以外にも「イソフラボン」というポリフェノールの一種が人気を博しているのです。
イソフラボンは、大豆の中でも胚芽部分に凝縮されていて、含有量も僅か。
それ故に食べ物から摂取するのは難しいと考えられています。

そこで、注目されているのがサプリメントでの摂取です。
サプリメントなら、効率良くイソフラボンを摂ることができます。

概要

イソフラボンは先述した通り、ポリフェノールの一種です。
天然の有機化合物群の総称であり、複数の成分をまとめて「イソフラボン」と呼びます。

大豆以外には、葛(くず)などに豊富に含まれていて、多少であれば食品から摂取することも可能です。
しかし、やはりイソフラボンの摂取には効率の良いサプリメントをお勧めします。

代表的なイソフラボンとして挙げられるのは、ダイゼインやゲニステインなどの成分。
これらの成分には、植物エストロゲンという働きが期待されています。

植物エストロゲンとは、女性ホルモンと似た働きのこと。
体内で女性ホルモンと同じように作用して、身体のバランスを整えてくれるパワーが期待されています。
男女を問わず、様々な実感を求めることができます。

植物エストロゲン

植物エストロゲンは、エストロゲン様作用とも呼ばれます。
体内で女性ホルモンと同じような働きを果たし、様々な効果を発揮してくれるのがメリットです。

例えば、更年期の悩みをケアしてくれるパワーが期待されています。
そもそも更年期の悩みは、閉経に伴い、女性ホルモンの分泌量が大きく減少するのが原因。
ホルモンバランスが大幅に乱れて、イライラや不安などにつながってしまうのです。

そんな悩みをケアしてくれるのが、植物エストロゲンです。
不足してしまった女性ホルモンの代わりとなり、ホルモンバランスを整えてくれます。

また、女性ホルモンとして体内で働くことで、バストアップなどへの働きも期待することができると考えられています。

抗酸化力

私たち人間の身体は、年齢を重ねるにつれて衰えていきます。
その根本的な原因と考えられているのが、活性酸素という物質です。
呼吸で取り入れた酸素が、紫外線や生活習慣の乱れなどで活性酸素へと変化し、身体に悪影響を及ぼしてしまうと考えられているのです。

それに抵抗する「抗酸化力」は、年齢が若いうちは身体に備わっているのですが、年齢を重ねると衰えていきます。
そして、加齢によって活性酸素の悪影響が顕著になってくるのです。

しかし、抗酸化力は身体の外から取り入れることもできます。
年齢を重ねても、身体の外から抗酸化力を持つ成分を摂取することで、若々しくイキイキとした状態を維持することができるのです。

大豆イソフラボンには、そんな抗酸化力が豊富です。
これが、健康・美容サポートに人気となっている理由なのです。

安全性について

大豆イソフラボンには様々な働きがありますが、あくまでも「健康食品」ですから、医薬品の様な副作用はありません。
製品ごとに、品質管理力の差による安全性の違いはありますが、基本的には非常に安全な成分です。

ただし、正しい使い方を意識することは忘れずに!
実感度を高める為には、生活習慣を正しく整え、食生活を見直すことも大切なポイントです。