メインイメージ

Isoflavone Guide Web

大豆イソフラボンの選び方

大豆イソフラボンで美容と健康を目指す方に、絶対に覚えておいて頂きたいポイントがあります。

それが「手を抜かずに製品を選ぶこと」!
このポイントを疎かにしてしまうと、大豆パワーを十分に引き出せないことがあります。
つまり、いくら飲んでも実感が沸いてこないということになりやすいのです。

せっかくサプリを飲むのであれば、満足のいく結果が欲しいですよね!
その為には、どんな製品を使うのか…というポイントにこだわる必要があります。

高品質なサプリを選ぼう

現在、その人気から星の数ほどもサプリメントや関連製品が登場している「大豆イソフラボン」。
もちろん、大豆イソフラボンが入っていればどれも同じ…という訳ではないので注意が必要です。

イソフラボンのタイプ、含有量や製法などによって、実感度は大きく異なります。
コストパフォーマンスなども考慮しながら、コストパフォーマンスの高い優秀な製品を選ぶことが大切です。

ここでは、そんな製品選びのポイントを解説!
意識しておきたい重要事項をまとめました。

これがチェックポイント!

製品を選ぶときに覚えておきたいポイントをまとめました。

続けやすいものを選ぶ

イソフラボンは健康にも美容にも役立つ栄養素ですが、医薬品のような即効性・効果がある訳ではありません。
あくまでも食品に含まれる成分ですから、長期的に継続摂取して「身体に良いことを待つ」というスタイルが大切です。

最低でも3ヶ月程度は飲み続けたいところ。
もちろん一日や二日飲んだだけでは、芳しい結果は期待できません。

そこでポイントになるのが、続けやすい製品を選ぶということです。
・味や匂いにクセがないもの
・コストパフォーマンスに優れているもの
を選ぶように心がけましょう。

ただし、値段に関しては「激安」「格安」のものに引っかからない様に!
単純に安いものを選んでしまうと、その分、品質が悪いということが考えられるからです。
値段と品質の釣り合った、コストパフォーマンスに優れたものを選びましょう。

含有量が豊富なものを選ぶ

大豆イソフラボンを一日にどれくらい摂取できるか…というポイントを確認して選びましょう。
基本的には、たっぷりと含有されているものほど、実感度が高くなります。

大体の目安ですが、一日に20mg程度摂取できれば理想的です。

また、イソフラボン以外にどんな成分が配合されているかもチェックしておきたいポイントです。
例えば、基本のサプリには、ブドウ種子ポリフェノールや葉酸、ビタミンD3などが配合されています。
これらの成分の相乗効果で、より効率よく身体をサポートしてくれるのがメリットです。

タイプはアグリコン型を選ぶ

イソフラボンと一口に言っても、実は2つの種類に分類することができます。
一つはグリコシド型、もう一つがアグリコン型です。

グリコシド型は周囲に糖が付いているため、体内に入った後にすぐに吸収されていきません。
それに対して、アグリコン型は周囲に糖が付いていないので、体内に入った後にすぐに吸収されていきます。
つまり、アグリコン型は吸収率に優れているのです。

その分、実感度も高くなります。

含有量だけでなく、タイプに関してもしっかりとチェックしておきましょう。
もちろん、アグリコン型がお勧めです。

お勧めはこれ!

もっと詳しく

上記のポイントを全て満たした製品としては、キッコーマンの基本のサプリが代表例として挙げられます。
幅広い目的に活用することが出来て、コストパフォーマンスも優秀です。
もちろんアグリコン型が採用されており、含有量もたっぷり!
私も愛用しているお勧めサプリメントです!