メインイメージ

Isoflavone Guide Web

おからでイソフラボン

納豆や豆乳を毎日食べる人は多いものの、
おからを毎日食べる人はあまり見かけません。
どことなく、大豆製品のなかでマイナーなイメージがあります。

その理由は「豆乳の搾りかす」、言い換えれば、産業廃棄物のようなものであることと、
卯の花以外の調理方法があまり知られていないからでしょう。

しかしながら、おからにも100g中に約10mgの大豆イソフラボンhttp://www.infomercialratings.com/
が含まれております。
豆乳や豆腐の方がおからより、大豆イソフラボンが多く含まれているのは事実ではありますが、
おからにはそれ以外のメリットがあります。

おからのタンパク質は豆乳に対して約2倍、カルシウムは約5倍、
そして食物繊維はおよそ60倍近く含まれているのです。
食物繊維が多い食品の代表はゴボウですが、
おからはそんなゴボウよりも食物繊維が多く、その量は二倍とも言われています。

豆乳や豆腐といった大豆食品は「配糖体」、つまり、糖とアグリコンが結合した状態になっており、
摂取後に腸内細菌が糖とアグリコンを引き離してようやく吸収されるために
どうしても腸にとどまる時間が長くなってしまうのに対して、
同じ大豆食品であるおからには食物繊維が多く含まれているため、
日頃便秘がちな人にはおからでイソフラボンを摂取する方が向いております。
こちらのイソフラボン摂取による美容効果の解説サイトは女性必見です。
他にも、イソフラボンは女性ホルモンのような働きをするので、女性にはピッタリです。

また、食物繊維は膨張するうえに余分な油が少ないため
他の大豆食品よりも低カロリーかつ、満腹感を得られ、ダイエットには最も適しております。

さらに、価格が群を抜いて安く、豆腐屋さんでは無料でもらえるほどです。

また、卯の花以外にもおからコロッケ、おからハンバーグなど
様々なレシピに利用することができます。

特に、肉の代わりにおからを使いニラ、ニンニク、生姜などを混ぜて作ったおから焼餃子は
薬味が大豆特有の臭みを消し去ってくれることもあり、
レシピの相性が良くリーズナブルでヘルシーなレシピです。

大豆イソフラボンを含んでいて、お財布にも腸にも優しいおからは
試してみる価値は十分にあるでしょう。
こちらhttp://xn--eck7bvd2a5dzc.ws/にも、イソフラボンについてのわかりやすい解説が盛りだくさんです。