納豆でイソフラボン
メインイメージ

Isoflavone Guide Web

納豆でイソフラボン

大豆イソフラボンは、その名のとおり大豆を加工した様々食品に含まれております。
納豆のように大豆を発酵させて加工した大豆食品と豆腐や豆乳などの大豆食品とで
大きく違う点は、吸収率の高さであり、圧倒的に納豆の方が吸収率は高くなっております。
これは大豆を発酵させてつくられる味噌にも当てはまります。

特に一般的な健康効果を発揮しているのは、大豆イソフラボンに含まれるアグリコンという物質です。
大豆食品は「配糖体」とよばれ、糖とアグリコンが結合した状態になっており、摂取後に腸内細菌が
糖とアグリコンを引き離してようやく吸収されるのに対して、納豆は「非配糖体」であり、
発酵過程で既に糖とアグリコンが引き離された状態になっているために吸収率が高いのです。

したがって、食品で摂取するには納豆から摂取するのが最も効率的であり
カロリーを抑えることも出来るので、ダイエットの観点からも好都合と言えましょう。
夏が近づくにつれて薄着になると気になるの体型だけでなくムダ毛もですよね。
自宅での処理は頻繁に行わないとで手間がかかってしまいます。そんな苦労をしている方に嬉しい情報です。
どうやらイソフラボンでムダ毛を抑制できるそうです。

1日に理想とされる摂取量は納豆1パック分で摂取することが出来ます。
詳しい摂取量の目安はhttp://www.fazztraceteam.com/にも載っています。
また、3パックで100円弱とお手頃価格であることと、それだけでご飯のおかずにできてしまうので
コストパフォーマンスが高く、ダイエットの観点からも魅力的です。

また、納豆は大豆イソフラボンを体に取り入れられる同時に
ネバネバのもとであるナットウキナーゼも得られる点は、見逃せません。

ナットウキナーゼというのは大豆を発酵する過程で生成される酵素であり、
大豆製品には納豆でしか摂取することが出来ません。

ナットウキナーゼは主に血栓溶解作用があるためサラサラな血液にしてくれる効果があります。
大豆イソフラボンの効果を発揮するには淀みなく流れる血流が不可欠です。

発酵食品であるためにアグリコンの吸収が良く、さらにナットウキナーゼの効能によって血流http://cvrp2012.com/を良くし
身体全体に大豆イソフラボンを行き渡らせることができる健康効果と、
価格が安い上にそれだけでご飯のおかずになるコストパフォーマンスの良さから、
大豆イソフラボンを摂取するための効率No.1食品は納豆であることは間違いありません。
また、このイソフラボンのランキングサイトを活用の解説も製品選びの参考になさってみてください。