黒豆でイソフラボン
メインイメージ

Isoflavone Guide Web

黒豆でイソフラボン

お正月料理として古くから親しまれてきた黒豆ですが、最近では黒豆茶などが流行したこともあり、
あらためて黒豆の豊富な栄養素と効能がクローズアップされております。

黒豆は「黒大豆」であり大豆の一種であるため
当然ながら大豆と同様に、イソフラボンhttp://www.stonesdoug.com/もたくさん含まれております。
また、イソフラボンを摂取すると同時に
その他の有益な栄養をバランス良くとれることが黒豆の良いところです。
こちらのサイトhttp://xn--eck7bvd2a5dzc.la/に、活性酸素を除去する効果について書かれていました。

まず、黒豆には必須アミノ酸がふんだんに含まれております。
必須アミノ酸は人間が自ら生成できず、外部から取り入れる必要のある、アミノ酸です。

さらにはポリフェノールが特にたくさん含まれるのも特徴です。
ポリフェノールにはイソフラボンを始め、チョコレートに含まれるカカオマス・ポリフェノール、
緑茶に含まれるカテキン、赤ワインで一躍有名になったアントシアニンやタンニン、
ウコンに入っているクルクミン、ナッツ類やイチゴに多く含まれるエラグ酸、
コーヒーに含まれるクロロゲン酸、リンゴ・ポリフェノールなど多くの種類があります。

黒豆に含まれるポリフェノールはイソフラボン、アントシアニン、タンニンの3つです。
大豆との違いは大きく2つあり、1つは特にアントシアニンがの含有量がおおいことです。
アントシアニンには抗酸化作用、視力回復、血行改善、免疫力向上といった効果があります。

2つ目はトリプシン・インヒビターが多くふくまれているところです。
トリプシン・インヒビターはインスリンの分泌を促す働きがあることから糖尿病の予防効果があり、
また、大腸がんの発生をおさえる働きがあるとされております。

その他、大豆と同様にコレステロールをおさえ、生活習慣病を予防するサポニンや皮膚や
粘膜の健康を維持することで免疫力を向上させるビタミンB類、更にミネラルを多く含んでおります。
ミネラルの中でも特に高血圧を抑えるカリウム、そして鉄が多く含まれております。

イソフラボンと同時に有益な栄養をバランスよく得ることができる、
複合サプリメントのような黒豆は見逃せない存在です。
こちら、大豆食品に含まれるイソフラボンのページも参考になります。