大豆イソフラボンの飲み方・使い方|大豆イソフラボン活用ガイドWEB
メインイメージ

Isoflavone Guide Web

大豆イソフラボンの飲み方・使い方

大豆イソフラボンは、どんな製品を選ぶかによって、実感度が大幅に左右されます。
しかし、実感度が左右される要素はそれだけではありません。

正しい使い方・飲み方が出来るかどうかで、実感度は大きく変わるのです。
ここでは、そんな「大豆イソフラボンの使い方」について説明しています。

基本は「継続」すること

大豆イソフラボンのサプリメントは、しっかりと飲み続けることが必要不可欠です。
続けることで、大豆イソフラボンのパワーをしっかりと実感できるようになっていきます。

その為、飲みやすいサプリメントを選ぶということが重要になります。
コストパフォーマンスや味・匂いなどの条件を、製品選びの際にしっかりと確認しておくことが重要です。

また、目安としては、最低でも三ヶ月程度は飲み続けるようにしましょう。
もちろん、実感までの期間には個人差がありますが、大体三ヶ月くらい続けていけば健康へのサイクルは始まっているはずです!

どんなタイミングで飲めば良い?

サプリメントを飲む時間帯について悩む方は少なくない様です。
しかし、そもそもサプリメントは医薬品ではなく、食品です。

その為、どんなタイミングで飲んでも大丈夫!
特に決まりやルールはありません。

ライフスタイルに合わせて、好きな時間帯に飲むようにしましょう。

どちらかと言えば、タイミングよりも「継続」の方が大切です。
継続しやすい時間帯に飲むようにするのがお勧め!

例えば、朝は忙しくて飲み忘れてしまうこともあるかも知れない…
と思う方なら、昼や夜に摂取することを習慣づけると良いでしょう。

また、継続する為には「サプリメントの摂取を習慣にする」ことも大切です。
意識的に毎日飲む時間帯を一定に決めてみましょう。
きっと飲み忘れも減ってくるはずです。

水か白湯で飲む

サプリメントに含まれる成分が損なわれてしまう恐れがあるので、ジュースやお茶、コーヒーなどで飲むことはお勧めできません。
水か白湯で飲むように心がけましょう。
(どうしても用意できないという場合は水以外で飲んでもOK!ただし、普段からジュースで飲むのは避けるべきです!)

一日あたりの目安量より多く飲んでも良い?

大豆イソフラボンは、沢山飲んだからと言って働きが強まるものではありません。
適量をしっかりと継続摂取することが何よりも重要です。
目安量を参考に、毎日続けることを最優先に考えましょう。

ただし、食品ですから1・2粒多めに飲むという程度なら問題ありません。
「ちょっと調子が悪い日は1粒多めに飲んでみる…」という使い方もする方もいらっしゃいます。

イソフラボンの安全を考える

イソフラボンの安全性について考えてみました!

妊娠中や授乳中でも飲んでも良い?

妊娠中や授乳中は、食事からの栄養摂取を心がけましょう!
出来るだけ普段の食生活を整えて健康状態をキープするのが理想的です。

その為、サプリメントの摂取はあまりお勧めできません。

また、妊娠中や授乳中の身体は非常にデリケートです。
味の好みが変わったり、身体の状態が普段と違うことも考えられます。
健康食品の摂取は一時的に休止するのがお勧めです。

子供も飲んで良いの?

子供は飲んではいけない、ということはないのですが、成長期の子供は、健康食品ではなく食事から十分な栄養素を摂取するのが理想です。
バランスのとれた食事・十分な睡眠・運動で、健康バランスを保てるように心がけましょう。