小豆でイソフラボン
メインイメージ

Isoflavone Guide Web

小豆でイソフラボン

イソフラボンは大豆だけではなく小豆にも含まれております。
イソフラボンは健康に良いだけでなく、美肌やアンチエイジングhttp://www.cf-rc.com/にも効果的です。
イソフラボンを摂取すると同時にその他の有益な栄養をバランス良くとれることが小豆の良いところです。

小豆には必須アミノ酸が8種類含まれており、その中でも特にリジンが多く含まれております。
リジンはブドウ糖の代謝を高めるため集中力がアップしたり、カルシウムの吸収を促進したり、
その他には肝機能を強化する効果があります。
毛髪の生成を促進するので薄毛に悩む人に特に注目されている必須アミノ酸です。

余談ですが、米にはリジンが少ないため、小豆を混ぜることによって栄養バランスが摂れます。
そのためお赤飯は縁起物というだけではなく栄養学的に理に適ったレシピなのです。

次に、食物繊維は豆類の中でもインゲン豆に次いで2番目に高いため、
便秘がちな人には特に効果的です。

また、小豆にはポリフェノールが特に多く含まれております。
ポリフェノールにはイソフラボンを始め、緑茶に含まれるカテキン、
赤ワインで有名なアントシアニンやタンニン、ウコンに入っているクルクミン、
チョコレートに含まれるカカオマス・ポリフェノールなど多くの種類があります。

小豆が含有しているポリフェノールはイソフラボン、アントシアニン、タンニンの3つです。

特にアントシアニンをたくさん含有していて、
アントシアニンには視力回復、抗酸化作用、血行改善、免疫力向上といった効果があります。

その他、大豆と同様にコレステロールを抑制し生活習慣病の予防に効果的とされるサポニンや
皮膚や粘膜の健康を維持することで免疫力を向上させるビタミンB類、
そしてミネラルを多く含んでおります。

ミネラルの中でも特に高血圧を抑えるカリウムが多く含まれており、
カリウムが多いと言われているバナナの約4倍以上のカリウムを含んでおります。

イソフラボンと同時に有益な栄養をバランスよく効果的に摂取でき、
まるで天然の複合サプリメントのような小豆は見逃せない存在です。
今後注目を集めていくでしょう。
こちらイソフラボンと骨粗鬆症についての解説サイトもご覧ください。
毎日小豆などの食べ物からだけイソフラボンを摂取するのは難しいので、
イソフラボン入りのサプリメントも合わせてお試しください。